横浜学園高等学校

AED講習会実施

2021/08/27

8月27日(金)、専門の講師をお呼びし、教職員対象のAED講習会を行いました。
講師から使い方の説明を受けた後、胸骨圧迫とAEDの操作・119番通報等の実習を行いました。

講習の中で、「胸骨圧迫を行うことであばら骨が折れることも多いが、それよりも心臓が動いて意識が回復するほうが大事だ」という言葉が印象に残りました。

いつどんな状況になっても冷静に対応できるように、繰り返して訓練することが大切だと思います。

救命活動の重要性を再認識した講習となりました。